山と音楽と・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 大洞岩・百蔵山・扇山

<<   作成日時 : 2017/02/11 15:06   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

2017.2.10 大洞岩・百蔵山・扇山を歩いて来ました。宮古橋バス停から大洞岩そして大同山までバリエーション、午後は雪が舞い始め、扇山からは本格的な雪になりました。


6:10本厚木駅=7:53猿橋駅8:18=8:30宮古橋バス停8:35−登山口−9:25大洞岩9:35−11:45大同山−12:35百蔵山12:55−13:25宮谷分岐−14:45大久保山−15:00扇山15:10−16:20林道出合−17:15鳥沢駅17:43=19:25本厚木駅 (歩程約13km 公共機関 2人)

百蔵山・扇山(猿橋駅から)
猿橋駅に降り立つと雪はそれほど積もっていないので、予定通りバリエーションルートを選択します。
画像


宮古橋バス停
画像

ストレッチをして、150mほど戻ると登山口があります。

登山口
画像



踏み跡を行く
画像


樹氷
画像


富士山、右に岩殿山
画像


バリエーションの核心部、岩場で雪がついており慎重に登るので、大幅に時間が掛かっています。

大洞岩山頂
画像


大菩薩嶺〜滝子山の稜線(大洞岩山頂から)
画像


一度、林道まで下ります。そして林道を進み右折後の2つ目の切開きから入ります。

切開き
画像


薄い踏み跡を捜しながら尾根を登って行きますがすぐに踏み跡はなくなりました。途中、こげ茶色の物体が近くから逃げて行きました。猪か猿か小熊か?
大同山まで標高差400m尾根を直登します。

新雪
画像


大同山山頂907m
画像

道標があるだけです。

百蔵山山頂1003m
画像

昼食です。まだ、日差しが燦々と降り注いでいます。しかし、南側と西側は黒い雲があり段々広がってきています。富士山は雲の中です。2人組の女性がいました。マイカーで周回コースだそうです。

扇山1138m
画像

雪は本降りになり、ザックを開けると、中がすぐに雪で真っ白になってしまいます。すぐに下山です。今回も、秀麗富嶽12景扇山からの富士山が撮れませんでした。残念。

画像


途中、急斜面でアイゼンを装着しました。しかし、雪の下の枯葉が刺さりサンダル3足分を履いたように膨れ上がってしまい、そのまま滑ってしまいますので5mごとに靴底を落とすようです。急斜面を抜けてからアイゼンを外しました。

林道にぶつかり、バス道路を小一時間歩き鳥沢駅に着きました。(君恋温泉は中止)

画像


             <カスミッシモ>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このルート、未登ですので
いつか挑戦してみます。
雪、けっこうありますね。
霧氷(?)も見られたようでいいですね。
nousagi
2017/02/13 10:21
秀麗富嶽12景で富士山が見れないとチョットがっかり!
私も逆周りで昨年、歩きましたから(大同山までは行きませんでしたが。)道の様子は良く覚えています。
扇山手前の登りは雪が降っているとかなり大変だった様子が分かりました。
お疲れさまでした。

私は来週、秀麗富嶽12景の一つの高川山に登る予定です。
初めて登るのでお天気が良い事を今から祈っているのですが・・・

izumi
2017/02/13 11:10
nousagiさん、おはようございます。
雪の無い時に行かれた方がよさそうです。拡大地図とGPSは持って行ってください。
前日に雪が降ったのでとても綺麗でした。こういうチャンスはなかなかないです。でも、その分大変でした。
カスミッシモ
2017/02/14 07:49
izumiさん、おはようございます。
百蔵山までは陽が射していたのですが、扇山では本格的な雪になりました。昔、来た時も扇山は荒れ模様でした。
扇山はもう1度登る機会があるか?富士山の写真が撮りたいのですが。
アイゼンに枯葉が刺さり、間に雪の層がサンドイッチになり、引きずりながら歩くので、筋肉痛になり、夜、家でも芍薬甘草湯を飲みました。
カスミッシモ
2017/02/14 08:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
大洞岩・百蔵山・扇山 山と音楽と・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる