山と音楽と・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍋割山

<<   作成日時 : 2017/02/16 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

2017.02.15 寄バス停から鍋割山を周回してきました。雪が残っており、アイスバーンの所もあり、ザレ場、クサリ場も多く慎重に歩きました。アイゼンは持って行きましたが、着けるかどうか迷う所もありましたが着けないで済みました。

富士山(鍋割山山頂から)
画像




6:10本厚木駅=6:37新松田駅6:50=7:15寄バス停7:25-8:05水源林管理棟-8:30登山口-10:00コシバ沢分岐-10:55雨山峠-12:35鍋割峠-13:05鍋割山(昼食)13:40-14:25後沢乗越-15:00栗ノ木洞-15:15櫟山-15:45林道出合-16:45寄バス停(歩程16.5km 公共機関 会山行)

寄バス停
画像


水源林管理棟
画像


登山口
画像


徒渉
画像

徒渉を5回ほど繰り返します。

徒渉
画像


コシバ沢分岐
画像

昔、コシバ沢から登りましたが、急傾斜に悩まされました。

ザレ場
画像

一部アイスバーンの所もあり慎重に歩きます。

雨山峠手前
画像


雨山峠
画像

富士山が見えます。

蛭ヶ岳(稜線から)
画像


クサリ場
画像


クサリ場
画像

長い登りの鎖場です。アイスバーンになっています。

この後も鍋割山まで雪の多い北西斜面の登りが続きます。

富士山(鍋割山山頂から)
画像

ご褒美に富士山を見ながら昼食です。

後沢乗越
画像

二俣への分岐です

栗の木洞908m
画像


伊豆大島(櫟山810mから)
画像


林道出合
画像

林道を横切り登り返します

河津桜
画像


ロウバイ
画像


画像


寄バス停
画像


画像


新松田の駅で反省会となりました。

            <カスミッシモ>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、興味深いところを歩かれますね。
地図を載せていただけるので参考になります。
nousagi
2017/02/19 09:40
私も地図を眺めながらコースを見ました。
もう数年前に2月に大野山登り寄の民宿に泊まり、
二俣から鍋割山へ行き、尊物山荘に泊まり小丸尾根から二俣へ下りました。
このコースは渡渉も何回かあり、鎖場あり健脚者のコースですね。
河津桜と蝋梅は良いですね!
丹沢には何度でも行きたいです(楽々コースですが)
のりこ
2017/02/19 12:14
nousagiさん、こんばんは。
最近、バリエーションがかった山へ行く機会が増えました。踏み跡の少ない所を歩くにはスタミナがいりますね。
カスミッシモ
2017/02/19 19:54
のりこさん、こんばんは。
寄に民宿があるんですか?尊仏山荘はまだ泊まったことがありません。私より詳しそうですね。(^O^)
このコースは雪がなくてもハードなコースだと思いますが、今回は雪もありアイスバーンの所では慎重に歩きました。
新潟からわざわざ丹沢まで何度も来ていただいて、それだけ丹沢が魅力的なんでしょうね。
4月の丹沢開きもお薦めです。(静かな山歩きとはかけ離れていますが)
カスミッシモ
2017/02/19 20:07
登りに使われたルートは、今も一般登山道でしょうか(手持ちの地図がだいぶ古いもので)。
なかなか手ごわそうなところですね。
もう河津桜とロウバイが咲いているのですか。今年はこのまま行けば、春が早く来るかなと思います。
ぽこ
2017/02/19 22:57
丹沢山塊のバリルートですね。
グループで長時間の山歩きは大変ですね。
日の長くなるこれからなら歩けそうかな?
izumi
2017/02/20 17:03
ぽこさん、こんばんは。
15年版の詳細図1/16500ですと一般道になっていますが、一般道からなくなったようなことを誰か言っていたような?どっちにしろ、相当手ごわい事には変わりありません。
松田の河津桜は近くてお薦めです。北へ足を延ばせば自然の山歩きができます。
寄のロウバイはまだまだ咲き誇っていましたが、ロウバイ祭りは何故か2/12で終わっています。
これからは花粉との戦いです。
カスミッシモ
2017/02/20 18:41
izumiさん、こんばんは。
危険を伴う登山道はグループですと安心です。何かあった時に、一人が現場で一人が助けを呼びに行くので、3人が基本単位という考え方があるようです。
このルート登って見て下さい。楽しいですよ。
カスミッシモ
2017/02/20 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍋割山 山と音楽と・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる