山と音楽と・・

アクセスカウンタ

zoom RSS セーメーバン・岩殿山

<<   作成日時 : 2017/03/26 13:11   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2017.3.24 山梨県大月駅北部のセーメーバン・岩殿山を歩いて来ました。奈良子入口バス停から林集落を抜け尾根に取り付きセーメーバンに登り、方向を南に転じトズラ峠、稚児落とし、岩殿山そして大月駅まで歩きました。寒暖差が大きく衣服調整を頻繁に繰り返しました。急登で汗を掻き、下りで吹き上げてくる風に身を縮めました。前半はバリエーションルートです。後半は峠がいくつもあり思った以上にアップダウンがあります。

6:35本厚木駅=町田=八王子=高尾=8:17猿橋=8:28バス発=8:47奈良子入口バス停9:00−9:20十王堂9:40−10:00尾根合流520m−11:30セーメーバン(昼食)12:10−12:45桜沢峠−12:55高ノ丸−13:20トズラ峠−14:05笹平−14:15稚児落し14:25−15:00兜岩−15:10鎧岩−15:35筑坂峠−15:50岩殿山揚城戸跡付近−16:25大月駅=16:33大月駅発=18:10本厚木駅 (歩程約13.5km 公共交通利用 会山行)


奈良子入口バス停
画像


案内板
画像

林集落から尾根に取り付くまでが分かりづらいです。十王堂の上部の2軒の民家の右側から藪に入ります。

林集落の裏山
画像

急登して尾根(標高520m付近)にぶつかります。落ち葉が深く踏み跡もなく、かなり足に負担がきます。

尾根歩きになっても落ち葉の積もった急登がしばらく続きます。

P867を過ぎるとゆるやかな尾根歩きになります。
画像


セーメーバン山頂1006m
画像

ゆっくり昼食です。東方向、百蔵山方面が良く見えています。セーメーバンの名前の由来は陰陽師安部晴明伝説と場所が狭い「せめーば」によるものがあるようです。

富士山
画像

     登山道から

稚児落とし
画像

1582年岩殿城落城の時、落ちのびようとする小山田信茂の千鳥夫人は背中の子供が泣きだし敵兵に見つかるので、子供を谷底に投げ落とし、自分も喉を突いて自害したと伝えられています。

兜岩
画像


画像


鎧岩
画像


築坂峠から岩殿山を目指しますが、時間が遅れており、皆さん山頂は踏んだことがあるとのことなので、山頂手前の揚城戸跡付近から大月駅への道を下ります。

岩殿山
画像

     大月駅付近から望みます。

画像

       <カスミッシモ>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
岩殿山はいつでも登れるし、この山だけでは少し物足りない。
なんて生意気な事を言って未踏でした。
女子会の山歩きでもみんな登った事がなかったので少し計画を立てたのですが・・・
桜が綺麗なようですね。

このコースは歩けるかな?と研究中です。
なにか気をつけるポイントがあったら教えて下さい。
izumi
2017/03/27 09:56
izumiさん、こんばんは。
まず、ルートファインディングができること。GPSも必要です。
今の時期、前半のバリエーションルートは枯葉が積もっていて踏み跡もなく足への負担が大きいです。
地図に沢や尾根、道標の箇所など書き込んでおくのが良いでしょう。
izumiさんでしたらクサリ場は問題ないですよね。
絶版の「新ハイ」に山行ルートがあるようです。
経験者と歩くのがお薦めです。
1回目は岩殿山と稚児落しと鎖場でどうでしょう。
カスミッシモ
2017/03/27 18:34
「セーメーバン」。気になる山(未踏)です。
岩殿山は行ったことがありますが、鎖場を歩いたかどうか記憶が…。また行ってみたいと思います。
ぽこ
2017/03/28 16:58
ぽこさん、こんばんは。
「セーメーバン」は私も気になっていた山です。
この縦走コースもアップダウンがかなりあって面白いコースです。
カスミッシモ
2017/03/29 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
セーメーバン・岩殿山 山と音楽と・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる