平石山・本仁田山(バリエーション)

2020.03.26 奥多摩の平石山・本仁田山を歩いてきました。バリエーションルートです。
奥多摩駅から寺地バス停まで歩き、妙指尾根を平石山に登り上げました。ここから平石尾根を本仁田山へ歩き、花折戸尾根を下り筑摩山を通り、ゴンザス尾根分岐に出ます。ゴンザス尾根を下りマイクロウェーブ鉄塔のある「岩根」に着きます。岩根尾根を西の6号鉄塔に向かいます。左の尾根を下るとロープ、鉄梯子の掛かる急峻な下りに入ります。なかなかスリルのあるコースです。氷川浄水場の裏に出て、奥多摩駅に戻りました。


本厚木駅6:47=6:48厚木7:00=7:48八王子8:00=8:18拝島8:24=8:43青梅8:44=9:19奥多摩駅9:35-10:05寺地分岐-11:05石組跡(750m)-12:00平石山12:35-13:15本仁田山13:20-13:45筑摩山-13:55ゴンザス尾根分岐-14:30マイクロウェーブ鉄塔-14:406号鉄塔-15:30氷川浄水場-15:50奥多摩駅16:18=青梅=拝島=八王子=町田=18:50本厚木駅(公共機関 会山行)


奥多摩駅
DSCN1372.JPG

バスが少なく、寺地バス停の先まで歩きます。(大沢の先は道路崩落のため通行止めです。)
右側に下りていく階段があります。注意しないと見過ごしてしまいます。
DSCN1375.JPG

キブシ
DSCN1376.JPG

向寺地橋
DSCN1377.JPG
日原川を渡ります。

カンヒザクラ
DSCN1378.JPG

アカガシ
DSCN1381.JPG

尾根
DSCN1384.JPG
傾斜のきつい尾根が山頂まで続きます。

サルノコシカケ
DSCN1385.JPG

フデリンドウ
DSCN1387.JPG
咲いていたのはこの一輪だけです。

きつい尾根
DSCN1390.JPG

平石山山頂1075m
DSCN1393.JPG
昼食タイムです。

本仁田山山頂1225m
DSCN1395.JPG

富士山
DSCN1396.JPG

アセビ
DSCN1401.JPG

花折戸尾根を下りますが、この尾根もきつい下りです。

筑摩山1040m
DSCN1404.JPG

ゴンザス尾根分岐
DSCN1405.JPG

登山道から、平石山までの登った稜線と本仁田山が望めます。
平石山と本仁田山(中央)
DSCN1407.JPG

マイクロウェーブ鉄塔(根岩)
DSCN1408.JPG
ここから地図にないルートに入ります。根岩尾根を西に向かいます。6号鉄塔を過ぎて左の尾根を下ると、岩稜帯に入ります。

ロープが出てきました。
DSCN1410.JPG

鉄梯子
DSCN1419.JPG

ロープ
DSCN1420.JPG

ロープ
DSCN1421.JPG

急峻な尾根
DSCN1423.JPG

氷川浄水場の裏手に出てきました。
DSCN1425.JPG

氷川浄水場DSCN1426.JPG

奥多摩駅DSCN1427.JPG

電車を乗り継いで本厚木に帰ります。

今回は私が先頭を務めました。


地形図
平石山、本仁田山全図.jpg
                転写させて頂いています。



             <カスミッシモ>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

nousagi
2020年04月03日 21:39
平石山に山名を表示したものありました?
急登ですよね。
マイクロウェーブからの下山もかなりエキサイティングですね。
カスミッシモ
2020年04月04日 13:06
nousagiさん、こんにちは。
平石山の山頂は道標らしきものはなかったですね。丸太に腰掛けてお昼を食べました。
平石山への妙指尾根は標高差約700m、距離約1.7kmで登りの連続で平地はありません。勾配を計算すると40%ぐらいで、日本三大急登よりきついことになります。きつかったです。
隣りの一般登山道の大休場尾根は奥多摩三大急登になります。
根岸尾根からの下りは、スリルありました。基本に忠実に慎重に下れば経験者であれば特別に危険ではないと思います。