大山

2020.08.24 丹沢大山を歩いてきました。
日向薬師から見晴台へ登り、そしてここから周回コースで、大山山頂へ登り、表参道を下山し、かごや道で下社へ下り、それから見晴台まで周回し、日向薬師に戻りました。
朝は薄曇りで先週ほどの暑さではないものの、上りは汗でぐちょぐちょになりました。上りでは、山頂はガスの中で見えませんでしたが、山頂に着く頃には晴れて下界の街が良く見えました。


6:05自宅発=6:45ふれあいの森キャンプ場駐車場6:55-7:05九十九曲入口-7:45屈曲点(地蔵)-8:00見晴台8:10-9:25大山山頂9:45-富士見台-16丁追分-下社分岐-かごや道ー10:55阿夫利神社下社-11:35見晴台(昼食)11:55-12:30九十九曲入口-12:40駐車場12:50=13:25自宅 (歩程12km マイカー 単独)



日向薬師の先にあるふれあいの森キャンプ場駐車場に車を止めました。月曜日で朝も早めなのに、もう7~8台も止まっています。
久しぶりの登山なので、ストレッチをしっかり行って、靴に蛭用避忌剤をスプレーして出発します。

案内図(3回クリックで拡大します)
DSCN1678.JPG

林道を10分ほど登って行くとゲートの先に登山口があります。

九十九曲入口
DSCN1681.JPG

屈曲点(地蔵)
DSCN1690.JPG

登山道
DSCN1695.JPG
左手下(写真中央)に阿夫利神社下社が見えます。周回の途中に通ります。

見晴台
DSCN1696.JPG
大山山頂はガスの中。
このころから下山の方にぽつぽつ出会います。みなさん、朝が早いです。

鹿
DSCN1708.JPG
山頂直下のベンチ脇に鹿が草を食んでいます。鹿もソーシャルディスタンスをとっています。4頭いました。

大山山頂1252m
DSCN1709.JPG

南西方面
DSCN1715.JPG
海岸線や箱根は見えません。

まだ、昼食には早いので、エネルギーの補給をします。
16丁追分まで表参道を下り、次の分岐(西の峠)に進みます。

下社分岐(西の峠)
DSCN1719.JPG

西の峠からかごや道に入ります。ここから下社を通り、見晴台まで大山の急斜面を横に歩きます。自然が残っており大樹もあり好きな山道です。

テンナンショウ
DSCN1720.JPG

マツカゼソウ
DSCN1722.JPG
群落になっています。登山道にもたくさん見られます。

枯れて切り倒された大樹(写真3枚セット)
DSCN1726.JPG

芽生え
DSCN1724.JPG
横倒しの大樹の朽ちた所に芽生えています。

年輪
DSCN1725.JPG
年輪を数えてみると220本ぐらいあります。1800年から生きてきたんですね。

下社
DSCN1727.JPG

雷ノ峰尾根入口
DSCN1728.JPG

説明板
DSCN1729.JPG

古木
DSCN1734.JPG
幹が折れて、再生しているように見えます。急斜面にしがみつくように生えています。

二重滝
DSCN1731.JPG

見晴台に着きました。周回コースが終わりました。昼食にします。

見晴台から眺める大山三峰
DSCN1738.JPG

九十九曲入口
DSCN1743.JPG

駐車場
DSCN1744.JPG
今日は蛭は全く見られませんでした。

少し走ると浄発願寺の前を通ります。

浄発願寺
DSCN1745.JPG
美しい3重の塔です。


               <カスミッシモ>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

nousagi
2020年08月29日 17:13
大山はヒルがいない山なんでしょうか。
曇りがち? で陽がないだけで
だいぶ楽ではありますが、
やっぱり汗はダクダクですよね。(^^;)

ブログのコメント、何度も入れていただいて
お手数かけました。m(__)m
カスミッシモ
2020年08月30日 15:26
nousagiさん、こんにちは。
夏の低山は、やはり暑いですね。
大山にも蛭は広がってきています。東丹沢の方が多いですが、山にもよります。
登山道の真ん中を歩けば比較的安全です。危ないのは雨の後です。
2020年09月11日 14:56
毎日、暑い日が続きますね。
お元気そうですね。
この周回コースは良さそうですね。
晩秋の季節にでも歩いてみたいです。

山歩きを初めてた最初は大山でした。
ケーブルは使いませんでしたが正面から登りました。
さて下山は?
その頃はちゃんとした地図も持っていなかったと思います。
ただ本厚木に5年住んでいましたから土地勘はありました。
日向薬師方向に下山出来るコースの標示があったので歩いて来ました。
見晴台の景色、懐かしいです。
カスミッシモ
2020年09月12日 08:27
izumiさん、おはようございます。
大山は生まれてから、ずうーと身近な存在です。1252mですから山頂に雲がかかると雨が降ります。阿夫利山、雨降山とも云います。天気予報代わりです。

小学校の校歌「きれいな大山よく見えて~」中学校校歌「ひかりひかりみなぎる所仰ぐ阿夫利に輝く希望~」高校校歌「阿夫利の高嶺~」

地元の人は日向薬師側から登る人が多そうです。車ですぐですし、無料駐車場もありますから。